Shopee(ショッピー)登録方法~出店から収益受取にPayoneerを登録まで~

2020年1月27日

ここでは、Shopee(ショッピー)の概要や出店方法、受取方法にPayoneer(ペイオニア)を登録する方法を説明していきます。

Payoneerの口座を持っていない方は、Shopeeの開設前に、「画像でわかるPayoneer(ペイオニア)登録方法〜口座開設〜」より、口座登録をすることをお勧めします。

Payoneerには口座を新規に開設し、1,000ドル入金(受取)があると、100ドルもらえるキャンペーンがあります。しかしながら、ShopeeのWebサイトからPayoneerのアカウントを新規開設すると、100ドルがもらえません。このため、先にPayoneerアカウントを作成してから、Shopeeに口座登録するほうがお得です。

1 Shopee(ショッピー)とは

Shopeeとは、主に東南アジア圏をフィールドとしたモバイルECプラットフォームになります。日本で言うところの楽天ショッピングやyahooショッピングとメルカリを合わせたようなイメージであり、Shopeeのプラットフォームに出店をして、東南アジア中心の7国の人々に販売することができます。

2015年12月にサービスが開始されて以来、ショッピングアプリは2000万ダウンロード以上、フォロワー数も160万人、1年で18億GMV(流通取引総額)になる等、勢いよく成長をしているサービスです(東南アジアでのシェアは、アリババグループの「Lazada(ラザダ)」を超えたともいわれています。)。

サービス対象国は、台湾、インドネシア、ベトナム、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイになります(2020年1月現在)。2018年には、日本での販売者(出展者)を本格的に募集を開始しており、GDPの成長著しい東南アジアへ輸出できるサービスとして注目されています(日本からの出店時に収益を受け取るためにはPayoneer(ペイオニア)が必ず必要になります。)。

※2020年1~4月にかけて、Payoneer & Shopee 共同でオンラインセミナーを開催するとのことです。ご興味のある方は、無料ですのでチェックしてみてください。セミナーの記事は、「【全8回】Payoneer & Shopee 共同オンラインセミナー ~東南アジアのマーケットについて~ 開催」よりどうぞ。

Shopeeとは

2 Shopee(ショッピー)の出店(登録)方法

日本からShopeeに出店するためには、まずは、①shopeeに対して出店する旨を伝える必要があります。shopeeへの連絡先は、「crossborderjp@shopee.com」になります。その後、②shopeeから出店形態の連絡があります。

また、③出店時には簡単な審査があり、基本情報を元に行われます。審査が終了したら、④販売する商品の情報をプラットフォームに入力し、配送のテストを実施します。

⑤①~④まで終わったら、東南アジアへの販売開始です。

Shopeeのト出店登録フロー

3 受取方法にPayoneerを登録

ショッピーで収益を得るためには、直接日本円で受け取ることはできず、外貨で受け取るため、Payoneerを用意することがマストになります。shopeeにペイオニアを登録する方法は以下の通りです。

※payoneerのアカウントを作成する場合、「画像でわかるPayoneer(ペイオニア)登録方法〜口座開設〜」をご確認ください。

まず、shopeeのトップページよりログインします。

Shopeeのトップページ

次に、shop setting(設定)をクリックします。

Shopeeの設定

「Bank Account / Card」をクリックします。

Shopeeの銀行口座追加

「Add Bank Account」クリックして、Payoneerの情報を入力します。 

Shopeeにpayoneer追加

各種情報を入力出来たら、ShopeeとPayoneeerの連携は完了です。

 

下記リンクからpayoneerの口座登録して1,000ドル入金さると、100ドルのボーナスがもらえます(為替手数料が通常2%のところ0.8%にすることもできます)。

↓↓

ページの先頭へ戻る

トップページへ戻る

Posted by jaleno5